無料プレゼント

最新記事一覧

申し込むだけでお金がもらえる

もしあなたが、ネットで副業を始めてみようと思うのなら、まずはじめに実践すべきは自己アフィリエイトです。 なぜなら 1■確実にお金がもらえる 2■アフィリエイトの基礎知識が身につく からです。 自己アフィリエイトというのは、 自分で商品を買ったり、申し込みをしたりして、アフィリエイト収入を得る方法です。 普通は第三者が買ってくれたり、申し込んでくれたりしなければ、ダメですけど、自分でできるのですから、確実に報酬が得られるというわけです。 どんな自己アフィリエイトがあるのか! 手っ取り早いのは金融系です。 FX会社の口座開設やクレジットカードの発行は報酬率も高く、1件=1万円くらいはもらえます。 では、どうやってはじめるのか。 まずはASPというアフィリエイトの情報を集めて紹介している会社に登録します。 たとえば、代表的ASPには A8.net などがあります。 無料で会員登録ができますから、まずは登録して、どんな自己アフィリエイトがあるか、のぞいてみるのもいいでしょう。 ちなみに、 A8.net の自己アフィリエイトには、「本人OK」と「セルフバック」があります。 いずれも自分で申し込んで報酬をもらうという点では同じなのですが、 「本人OK」は審査が必要、 「セルフバック」は審査が不要、 という違いがあります。 「セルフバック」のほうが、より手軽ということですね。    

法人(株式会社)と個人 どっちが有利? 顧問税理士のアドバイスは?

事業を始めて、稼げるようになると、個人事業のままでいくのか、法人にするのか、迷うケースもあるでしょう。 僕はまさにそのパターンでした。 僕の場合は、顧問税理士にアドバイスを受け、その通りにしました。 そのアドバイスとは2年後に法人化。 これは単純に消費税の問題です。 消費税は年間の売り上げが1000万円を超えた翌々年からかかります。 つまり、ことし起業したとして、いきなり年間の売り上げが1000万円を超えたとしても2年間は消費税が免除されるのです。 そして、2年後に法人化して、会社から給料をもらう形にすれば、3年目の個人事業は売り上げがないので、消費税はかかりません。 さらに、法人も2年間は消費税が免除になるので、さらに無税の期間が2年間延びて、合計4年間、消費税がかからないというプランです。 ま、消費税以外にも信頼性を高めるために法人化したほうがいい場合もありますから、なんとも言えませんが……。 僕の場合、電通や朝日新聞と取引するときは、個人ではちょっと難色を示されました。 契約金額が1000万円くらいになることもあるので、やっぱり個人では心配なんでしょうかね。

合法的脱税! 会社を辞めたときはチャンス

今日は会社をやめるときの節税について、紹介します。 会社を辞めると、健康保険も年金も自分で払わらないといけません。 収入があってもなくても、払います。 払った保険料は所得から差し引いて、税金を安くすることができますが、収入がなければ税金も払っていないので、意味がありません。 仕事を辞めて、すぐに事業がうまくいけばいいですけど、なかなかそうもいきません。 翌年は、収入がほとんどなかった、なんてこともあるでしょう。 そこで、会社を辞めた年にできる限り、健康保険や年金の前払いをします。 保険料は支払った年に控除できます。 辞めた年は、サラリーマンの収入があるので、可能な限り前払いして税金を安くします。 あなたが会社を辞めるときは、こんな節税法も思い出してくださいね。

お金持ちになるための準備

あなたは、宝くじで大金が当たった人の大半が破たんするということを聞いたことがありませんか? 僕は宝くじで当たった人に知り合いはいませんが、同じような状況に追い込まれる事例を知っています。 それは生命保険の受取人です。 夫が亡くなったりすると、普通の人でも3000万円とか、5000万円とかの保険金を受け取ります。 しかし、受け取った人の7割が3年後にお金がなくなっているのです。 大金を手にして気持ちが大きくなり、「ちょっとくらい」と使ってしまう部分もありますし、保険金を受け取ったことを察知した銀行や証券会社がいろいろ勧誘に来ます。 さらには、それまで疎遠だった親類縁者がお金を借りに来たりします。 そんなことをしているうちに何千万円というお金がなくなってしまうのです。 受け取る準備ができていないお金は、すぐにどこかに行ってしまうのです。 僕もかなり痛い目にあってきました。 お金に余裕ができると、なぜか株式投資とかに手を出したくなります。 「もっと増やそう」と欲張ってしまうんですね。結果、リーマンショックで投資資金は3分の1になりました。 FXって知っていますか? 外貨投資の一種ですが、これもリーマンショックで大きな損失を出しました。 それ以外にも、出資話や知人に貸したお金など、もろもろ合わせるとサラリーマン時代の年収分くらいのお金がなくなってしまいました。 いまでは、高い勉強料だったとあきらめていますけど……。 あなたも稼げるようになると、いろいろな誘惑がやってきます。 稼げるようになる前から、お金を受け取る準備をしておいてください。 そして、僕の失敗を思い出してください。 せっかく稼いだお金を失わないように。

お勧め情報