合法的脱税! 会社を辞めたときはチャンス

今日は会社をやめるときの節税について、紹介します。

会社を辞めると、健康保険も年金も自分で払わらないといけません。

収入があってもなくても、払います。

払った保険料は所得から差し引いて、税金を安くすることができますが、収入がなければ税金も払っていないので、意味がありません。

仕事を辞めて、すぐに事業がうまくいけばいいですけど、なかなかそうもいきません。

翌年は、収入がほとんどなかった、なんてこともあるでしょう。

そこで、会社を辞めた年にできる限り、健康保険や年金の前払いをします。

保険料は支払った年に控除できます。

辞めた年は、サラリーマンの収入があるので、可能な限り前払いして税金を安くします。

あなたが会社を辞めるときは、こんな節税法も思い出してくださいね。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。