ハンドルを手放せば、副業も脱サラもうまくいく

2012 9月 12 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by hapitore

ハンドルを放したら、どこに行くかわかりません。

とても怖いです。

だからみんな、ハンドルを握りしめて、

安全な道を進もうとします。

ですが僕は

ある時期から、ハンドルを握ることをやめにしました。

行先はお任せ。

僕は、バンザイしたまま、

ただ、アクセルを踏み込むだけです。

突っ走ります。

なぜなら、

ハンドルを手放して、突っ走っていると、

予想もしていなかった、すばらしい場所に

行き着くことができるからです。

そこでは、自分が欲しかったもの以上のものが

手に入ります。

そういう経験を

これまでたくさんしてきました!(^^)!

だから僕は

これからも、バンザイしたままです。ハンドルは握りません。

もちろん、「車」や「バイク」での話しではありませんよ)^o^(

「気持ち」「心」の話しです。

「よし!やろう!」

そう思ったら、僕はアクセル全開です。

ハンドルを放したまま、突っ走ります。

突っ走るためには、

「いける!」「やろう!」「よし!」「稼ぐぞ!」

この「気持ち」は

とても大切な起爆剤です。

それは

どこに行っても、決して手に入れることのできない

あなただけの持つ

もの凄いパワーを持ったガソリンです。

しかし、ひとつだけ問題があります。

ガソリンは、いつかなくなってしまいます。

同じように###name1###の熱い「気持ち」も

徐々に冷めてしまいます。

残念ながら、人の気持ちとは

そういうものなんです。

しかし、その熱い「気持ち」維持するコツがあります。

それは、ガソリンを補給し続けることです。

稼ぐために突っ走るのであれば、

「ガソリン」は「報酬」です。

あなたも最初は思いきりアクセルを踏みこんで、

すばらしいスタートをきることができるでしょう。

でも、途中で熱い「気持ち」

つまり、モチベーションを

維持できない時期がやってきます。

そこで、スピードを落とさず、

そのまま突っ走るためには、

この「報酬」が、とても重要なガソリンになるんです。

「報酬が」入ると、再び

モチベーションが上がります。

そうすると

あなたは、アクセル全開で走り続けることができます。

そして「報酬」が増えていけば、

あなたはますます加速して、

別の世界に到着するまでの道のりは短くなります。

これが

ブレーキを踏まずに

いつまでも走り続けるための

重要なポイントだと、思っています。

そして、僕もそうしてここまで走り続けてきました。

そのためには

確実に「報酬」を得ることができる方法を手にして

それを握りしめた状態でスタートを切ることが重要です。

そうすれば

あなたはいつまでも

アクセル全開で走り続けることが、きっと出来ます。

そして……

急に目の前の景色が開けたとき、

あなたは、新しい世界に到着しているはずです。

このレースは

決められた道を走るようなレースではありません。

孤独なレースです。

途中でガソリンがなくなっても、JAFは届けてくれません。

山の中に取り残されてしまうだけです。

あなただけのガソリンを詰め込み、

そして「よし!」と決意して走り続ければ

必ずあなたは

すばらしい場所にたどり着くことができるでしょう。

いまの場所から抜け出したいのなら、

走り始めましょう!(^^)!

そして、突っ走ってください。

もしあなたが、走り続けるための

ガソリンを手にしていないのなら、

僕が検証したノウハウをぜひ手に入れて、

アクセルを踏み込んでください。

すぐにガソリンを手に入れるノウハウは
こちら

http://hapitore.jp/analyzer/groups/5818581/gekokujo/

です。

これを握り締めアクセルを踏めば

「報酬」を日々手に入れながら

ずっと走り続けることができるでしょう。

そして

新たな場所にたどり着いたとき、

そこにあるのは

「大きな報酬」と「成功」です。

さあ、アクセルを踏みましょう!(^^)!

ブレーキを踏む必要は、ありません!

 

僕の場合、実践初日から報酬が出ました。

http://hapitore.jp/analyzer/groups/5818581/gekokujo/

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。